これから家を建てる方へ。マイホーム計画は何からスタートして、どのように進めてくのか・・?
一戸建て住宅を建てる場合の家づくりの段取りをご紹介します。
念願のマイホームを建てる! その手順と流れをご紹介しましょう。
Step.1 見学・相談
販売中の分譲地や展示場・モデルハウスなどを見学し、家づくりのアドバイスを聞きましょう。
個性的な間取りやこだわりたいこと、資金計画も含めて、専門家の意見は心強い味方です。
住協各支店で、常時ご相談を受け付けています。
Step.2 土地探し
土地探しには、たくさんの注意点があります。
住協では、後悔しない土地探しをサポートできるようアドバイスさせていただきます。
Step.3 土地のご契約
納得できる土地が見つかったら重要事項の説明を受け、契約書を交わします。
※重要事項の説明:不動産の売買契約において、買主が十分に理解して安全な取引が行われるように、宅地建物取引業法に基づいてまとめた重要事項を交付して説明するもの
Step.4 プランづくり
・希望を聞きながら間取りの設計に入ります。
・希望は図面に反映されているか? 動線は機能的か? などをチェックします。
・将来の生活や家族構成の変化なども踏まえて組み込めると良いでしょう。
Step.5 請負契約
・お客様の要望を聞きながら、設計図面をおこし、全体のプランをまとめていきます。
・キッチン、ユニットバス、トイレなどの設備機器、カラースキム(全体の色彩計画)、照明など納得のプランを確定。請負契約を締結し、「融資の申込」「建築確認申請」などをスタートさせます。
Step.6 基礎工事
地盤補強工事
地盤耐力値が不足の場合、地盤補強工事を行います。
地 鎮 祭
建築工事を開始する前に、その土地の神を鎮め、土地を利用することの許しを乞うための儀式で、工事の安全を祈願するもの。ご希望があれば、住協で手配・サポートさせていただきます。
配  筋
基礎配筋。給排水の配管工事の一部を先行します。
基礎完了
基礎工事の完了
土台敷き
土台をしっかりと基礎に固定します。そこから柱・梁等を組み立て主要な骨組みを作ります。
Step.7 木工事~完成へ
上 棟
骨組みの一番上部にある棟木を取り付けて上棟となります。
上棟式
家づくりに関わる棟梁や大工さんたちに感謝し、建築工事が安全に執り行われるように願う儀式です。地鎮祭と同様に行わない方も増えていますが、ご希望があれば、住協では手配・サポートさせていただきます。
木工事(構造)
筋交い、金物等を取り付けて造作工事に必要な下地を作ります。
木工事(造作)
フローリング、断熱材、窓枠などの施工と同時に電気の配線および給排水の配管工事を行います。
木工事(仕上)
巾木、回り縁、建具等の取付けが完了したら木工事完了です。
外壁工事1
透湿防水シート(湿気を通して水を防ぐ)を外壁部全体に貼ります。
外壁工事2
外装材を貼り、外観はほぼ完成となります。
内装工事
室内の天井、壁にビニールクロスを施工、同時に玄関等のタイル工事をします。
内装工事(仕上)
キッチン、洗面化粧台、トイレ等の取り付け後、クリーニング工事をします。
外構工事
駐車場のコンクリート打ち込みや造園工事を行います。
完成
建物工事、外構工事すべて完了したら完成です。
Step.8 検査等
完了検査
建築基準法に基づいて、特定行政庁または第三者機関による「完了検査」が行われます。
竣工検査
施工会社・工事監理者・施主によって行われる最終的な検査のことをいい、図面通りに仕上がっているか、設備に不具合がないかなどをチェックします。この時点で不具合があれば手直しして引き渡しとなります。
Step.9 お引き渡し
アフターメンテナンス
詳しくはコチラ