総合トップ > 特集 安心して暮らすための防災と省エネ
安心して暮らすための防災と省エネ

家庭内の安全と安心を再点検してはいかがでしょう?
「備えあれば憂いなし」もしもの時に備えることが重要です。
また、賢い省エネで、無駄な電力と光熱費を節約しましょう!

防災 予測できない災害に、万全の備えを!

いつ起こるかわからない地震や台風などの自然災害。ふだんから非常時に備えておけば、
万一の時にも慌てず行動できるはずです。日頃から家族と一緒に対策を立てておきましょう。

住協の住まいの防災あんしん
住協の住まいの防災あんしん

 快適なエコライフを実現する、住協のスタンダード住宅「J-ECO」に、地震エネルギーを吸収する制震構造GVAを取り入れたのが「J-GVA(ジーバ)」です。
 研究を重ねた耐震工法に、最新の構造力学で実証された制震技術をプラス。地震の揺れを1/2以下に抑えながら、耐震剤のもろさも補強して、長く続く地震や大きな余震に備えます。建物の損傷を大幅に低減するので、補修費用が少なくすむメリットもあります。

住協の住まいの防災あんしん

 地震エネルギーを熱に変換する制震装置GVA。地震エネルギーを吸収すると約10℃の熱を放出しながら、揺れにブレーキをかける。

詳しくはこちらへ

対策1 危ない場所をチェック!家具の転倒・落下を予防

 より安全に過ごすために、家具の配置を見直してみましょう。寝室やこども部屋には、なるべく家具を置かないように。家具には転倒防止器具をつけてください。避難通路となる部屋の出入り口や廊下、階段付近に物を置くのもやめましょう。家具の上に割れやすい食器や装飾品などを飾るのは危険です。またタンスや本棚は、重い物を下に収納すると倒れにくくなります。

危ない場所をチェック!家具の転倒・落下を予防
対策2 危ない場所をチェック!家具の転倒・落下を予防

食料品・生活必需品 防災グッズを備蓄する

 非常時に、まず確保したいのは飲料水です。1人あたり1日3ℓが必要だといわれています。日持ちのする簡易栄養食や缶詰など、食料品と共に3日分を目安にストックしておきましょう。ガスの停止に備えて、簡易コンロや燃料も用意したいものです。懐中電灯やラジオ、救急セットのほか、着替えなど、避難時に必要なものをまとめた、非常持出袋を用意しておけば安心です。

 日本は豊かな自然に恵まれている反面、自然災害の多い国だといえるかもしれません。地震や津波、また気象条件による豪雨や暴風など、一年中いつでも不測の災害が発生する可能性があります。人間の力では抑えることのできない自然災害に、私たちが対抗するには日頃の備えが必要です。
 安全で安心な住宅選びは、防災対策最大のポイントといえるでしょう。住協と住協建設の「Jグループ」が施工する建物は国土交通省が定めた、住宅性能表示制度における耐震性能の最高等級「耐震等級3」相当をクリア。消防署や警察署などの防災拠点と同等の耐震性を持つので、安心してお住まいいただけます。日頃から室内に危険な場所がないかを確認して、災害時のために食料品や日用品を備蓄しておきましょう。手動で発電できるラジオや懐中電灯、簡易トイレなどの防災グッズも揃えていれば、さらに安心です。
 また、災害時は電話や携帯電話・メールがつながりにくいことがあります。外出中に災害にあった場合の集合場所や連絡方法を、家族で話し合って決めておくとよいでしょう。

省エネ 一年中、省エネでエコなくらしを実践!

エアコンは暖房時のほうが冷房時よりも、意外と電気代が多くかかります。
無駄を省いて無理なく節電。家計にもやさしい省エネ生活をはじめませんか?

住協の住まいの省エネあんしん

 化石燃料などの資源を消費せず、太陽光のエネルギーを電気に変えて利用する、クリーンなソーラー発電に注目が集まっています。住協はソーラー発電にオール電化システムを組み合わせたエコリフォームを提案。ソーラー発電で得られた電気で、家庭内で必要な熱源をまかなうため、光熱費を削減できて経済的です。発電した電気が余ったら、電力会社に売ることもできます。ガスなどの燃焼時に出るCO2も削減できて環境にやさしいのも特長です。

年間233,387円

※削減金額は使用状況、使用環境によって異なります。

詳しくはこちらへ

対策1 使わない電気はOFF待機電力をカットする

使わない電気はOFF待機電力をカットする

 待機電力とは、コンセントにつないでいるだけで消費される電力のこと。使わない時は主電源を切る、長時間使用しない場合はコンセントから抜く。これを習慣づければ、電気料金も節約できます。市販の節電タップを使えばスイッチのオン・オフがワンタッチで簡単。また、意外にも待機電力を食うのがガス給湯器。給湯パネルのスイッチは、こまめにオフにしましょう。

対策2 暖房効率をアップして節電しながら暖かく!

 エアコンやストーブなどの暖房器具から出る暖かい空気は、部屋の上部にたまりがちです。扇風機やサーキュレーターを使って、部屋の空気を循環させれば、設定温度を下げても部屋中が素早く暖まります。窓に貼るタイプの断熱フィルムを使えば、さらに暖房効率がアップ。ホットカーペットやこたつの敷きふとんの下に、アルミの断熱シートを敷くのもおすすめです。

暖房効率をアップして節電しながら暖かく!

 日本大震災以来、東日本を中心にさまざまな節電対策が行われてきました。猛暑の夏はなんとか乗り切ったものの、この冬以降も引き続き電力不足の恐れがあると報道されています。
 私たちの生活を便利にしてくれる電気。これまでなにげなく使っていたかもしれませんが、節電を意識すれば、電気の無駄使いを省けるだけでなく、光熱費の節約にもつながります。電力会社とのアンペア契約を見直せば、基本料金が下がるケースもあるそうです。この機会に、身のまわりの電気の無駄を点検してみては?
 寒い冬、家庭で多くの電力を消費するのが暖房器具です。室内でもカーディガンや厚手の靴下などの衣料品を1枚プラスすれば、設定温度を下げることができ、さらなる省エネ効果が期待できます。また、エアコンの室外機の上や吹き出し口に物を置くと、熱の交換がうまくいかずに電力を消費するのでご注意を。こまめなフィルターの掃除もお忘れなく!無理のない範囲で、ちょっとした工夫を毎日積み重ねることが、家計にも環境にもやさしい究極の省エネ術といえそうです。