総合トップ > 特集 住協営業マンおススメのご当地グルメ
特集 住協営業マンおススメのご当地グルメ

西武エリアへGo

入間エリア

ふらいぱんやの「からだに優しいヘルシーランチ」

入間市の野田モール近くにあるカントリー調の素敵な造りの「ふらいぱんや」のランチがオススメ。10年ほど前にオープンして以来定番のお野菜たっぷり全て手作りの美味しいランチ!こだわりの新鮮野菜は全て地場産の季節のお野菜。ふっくらとした豆腐ハンバーグときのこソースはあっさりしつつもしっかりとした味付けで玄米ごはんとの相性抜群!またご飯は玄米100%と七分づきごはんの2種類から選べ、しかもお替り自由。女子会や家族でランチに出かけてみられては?

カフェ&キッチン ふらいぱんや

入間市野田809-2
080-5011-3904

入間エリアはこちら

飯能エリア

江戸末期創業の超名店の「肉つゆうどん」

飯能市はうどんの街として有名で、その中でも「古久や(こくや)」は江戸時代末期創業の超人気店!趣きのある佇まいで歴史を感じます。
店内もレトロな雰囲気で、いつも混んで大人気です。
しっかりと腰があり、噛むと柔らかい太麺。「肉つゆ」うどんは、肉がたっぷり入ってスタミナアップ。美味しいの一言!
営業時間は「11:00~14:00」と短いのでお早めに。

古久や(こくや)

埼玉県飯能市八幡町6-9
042-972-3215

飯能エリアはこちら

狭山エリア

埼玉B級グルメ第3位の「狭山さといもコロッケ」

第11回「埼玉B級ご当地グルメ王決定戦」で堂々3位。狭山市は里芋の産地としても有名ですが、普段は硬くてえぐみがあるため廃棄処分されていた親芋の有効活用したとのこと。
さといもコロッケには鶏肉と玉ねぎが合わせられ、とってもヘルシー。そのままソースなしで食べてると、ねっとりサクサクで、コクがあってクリーミー。ソースをつけても、もちろんとっても美味!! 今ではすっかり地元に定着してるので、狭山市内の10以上のお肉屋さんでさといもコロッケが購入できますよ。

狭山のさといもコロッケ取扱店

狭山エリアはこちら

東上線エリアへGo

川越エリア

大正モダン香る喫茶店の「チーズケーキ」

西武新宿線「本川越」駅から徒歩で行ける喫茶店「シマノコーヒー」は地元の人気店。大正浪漫夢通りは古き良き時代の風情ある建物も多く、映画やドラマなどの撮影地としても有名な川越観光名所の一つ。
落ち着いたレトロな店内で、自家焙煎でサイフォンで淹れた美味しいコーヒーと、なめならかで大人の味わいの特製チーズケーキをいただき、心が安らぐひとときを過ごせます。川越の名産を使った「さつまいもチーズケーキ」も、女性に人気のあるメニューです。

シマノコーヒー大正館

埼玉県川越市連雀町13-7
049-225-7680

川越エリアはこちら

ふじみ野エリア

上福岡の地ラーメン「きんぴらラーメン」

きんぴらラーメンは、今からおよそ20年くらい前に地域おこしで開始。今では2軒だけとまぼろし(?)のラーメン。
醤油の強いあっさり鶏系スープで、昔ながらの醤油ラーメンという感じ。きんびら自体が淡白であっさりしています。
珍華は町の中華屋さんで、昭和の大衆食堂のイメージ。清潔な店内でメニューも豊富なので、ランチや夕食の定食も人気です。

中華料理 珍 華

埼玉県ふじみ野市上福岡1-12-18
049-262-1755

ふじみ野エリアはこちら

朝霞エリア

朝霞名物の人参の「キャロッティーヌ」

朝霞駅から徒歩2分と駅近におしゃれな惣菜とお菓子の「メゾン・ド・プルミエ」があります。そこで扱っている「キャロッティーヌ」は、朝霞特産の無農薬の人参が入ったマドレーヌ。蒸して粗く刻んだニンジンをたっぷりと生地に加えて焼き上げています。 フレッシュバターの香りと、蜂蜜のほのかな甘みが口に広がるやさしい味わいす。カフェ営業も11:00~15:00の間行っています。

洋惣菜と洋菓子の店 メゾン・ド・プルミエ

朝霞市西弁財1-10-25保第1ビル108
048-474-7611

朝霞エリアはこちら

所沢エリアへGo

所沢エリア

食材にこだわった、ろばた焼き「むらやま」の味

季節に合った料理を、炉端スタイルで提供してくれる地元に愛されている「むらやま」。サラリーマンの他、家族連れでも利用でき、美味しいものがいっぱいで楽しめます。紀州備長炭でじっくりと焼くやきとりと新鮮な魚介類。旬の魚介類を産地直送して鮮度の高さはピカイチ。地元の農家から新鮮な野菜も仕入れています。中でも、炉端で焼いた鶏とトロトロ卵をからめた「焼き親子丼」がとってもオススメの一品。

ろばた焼き むらやま

所沢市緑町4-30-1
04-2926-1922

所沢エリアはこちら

東京エリアへGo

練馬エリア

ヘルシー&カリッとジューシー、「練馬野菜餃子」

商品名のとおり野菜がたっぷり、食べ応え抜群。野菜が多いのでおなかが重たくなるようなこともありませんでした。
餃子自体の下味がしっかりしていて、醤油などのタレをつけなくても味わい深く、皮は柔らかく、焼き面はカリッと仕上がって触感も楽しませてくれました。
地元の練馬大根のドレッシングでさっぱり食べるのも美味しい。
練馬区産業・観光情報コーナーや石神井ファーマーズセンターなどで取り扱っていますので、機会があればぜひ、練馬野菜餃子とドレッシングを試してみてください。

練馬野菜餃子について

練馬エリアはこちら

武蔵野エリア

幻の柳久保小麦を使った「TOKYOひがしくる麺」

生産が途絶え「幻の小麦」となっていた「柳久保小麦」を復活させ、東久留米市内の製麺会社の協力で開発された麺。東久留米市民による、東久留米発の新しい地域ブランドになっています。小麦製粉時に出る「ふすま」を活用することで、柳久保小麦独特の「香ばしい風味」と「モチモチした食感」を見事に一体化した麺を味わえます。東久留米市内のいくつかの飲食店でメニューとして提供されていますので、ぜひ一度食べてみてください。

TOKYOひがしくる麺について

つけ麺屋

東京都東久留米市本町1-4-28 042-420-4642

武蔵野エリアはこちら