買い物パラダイス!

武蔵藤沢駅から徒歩12分 グランシア武蔵藤沢

2011年3月某日

今回は、ショッピングスポットがいっぱいの武蔵藤沢をレポートします。
最寄り駅の「武蔵藤沢」は西武池袋線沿線で、平成20年に西口ロータリーがリニューアルされ、きれいで明るい雰囲気の駅です。アクセスも良好で、急行なら池袋まで約35分。物件からの徒歩時間を入れても1時間かからず都心に通うことができますよ。
この物件の特徴は、周辺にショッピングスポットが目白押しだということ。徒歩圏内には、スーパーの「アルプス」をはじめ、「ビッグ・エー」「ケーヨーデーツー」「ケーズデンキ」、リサイクルショップなどもあります。ちょっと足をのばせば大型スーパーの「イオン」があり、夜の12時まで営業しているので便利です。また、野菜や肉などの生鮮食品が安いと評判の「ジャパンミート」や洋服が安い「タカハシ」があり、主婦にとってはうれしいですよね。

イオン

ジャパンミート

立ち並ぶ店舗

休日には、自転車や車で行ける施設が多いのもこの物件の特徴です。物件から自転車で10分も走れば、周辺には市立図書館をはじめ文化センターや市役所、市民会館、彩の森公園、富士見公園、運動公園など公共の施設や公園も充実。国内最大級のエアベースとなる入間基地には、大小かわいい戦闘機がいつでも見れます。男の子なら喜びそう。毎年開催される航空ショーには、20万人を超える来場者があるとか。ブルーインパルスの曲芸飛行もあるというので必見ですね。
子供の遊具はないものの、約15haの広さを誇る緑が豊富な「彩の森公園」は、芝生敷きの広い多目的広場がおすすめ。普通、芝生の広場はサッカーなどの球技は禁止されているのに、ここはOKなんですよ。この日は休日だったので、地元の少年サッカーチームや社会人チームなどが練習していました。

今回、レポートをして驚いたのは、武蔵藤沢の利便性と自然との共有でした。都心へのアクセスが良い上、ショッピングスポットも多く、お買い物好きな方にはたまりませんよね。ちょっと足をのばせば、広大な入間基地や基地跡地にある彩の森公園などがあり、休日のお出かけにも困らない便利な街だという印象を受けました。「便利だけど自然も満喫したい」「自然に溢れる便利な街に住みたい」という贅沢な要望にも応えてくれる、埼玉の穴場的な街ではないでしょうか。

彩の森公園

藤沢北小学校