【建売住宅と注文住宅の違い】

価格やメリット・デメリットを比較!選べない際の秘策も

新築一戸建て購入を検討する時、不動産広告で目にする「建売住宅」と「注文住宅」。当記事では、建売住宅と注文住宅の違いを解説し、価格の差やメリット・デメリットをわかりやすく比較します。また、建売住宅と注文住宅のメリットを兼ね備えた「建築条件付土地」についてもご紹介します。

01.建売住宅とは?

「建売住宅」とは土地と建物が一括で販売されている住宅のことで、既に住宅が完成している場合と完成前に販売される場合があります。完成前でも、役所への建築確認申請が済んでおり設計プランが決まっているので間取りや仕様などを変更することは通常できません。

不動産会社やハウスメーカーなどがまとまった土地を複数の区画に分け、同じあるいは類似の仕様の住宅を建ててから、または建築中に販売。大規模開発された建売住宅の場合は、統一感のある美しい街並みの誕生が期待できます。

02.注文住宅とは?

「注文住宅」とは所有する土地あるいは購入した土地の上に、ハウスメーカー等に施工を依頼して建てる住宅のこと。設計・施工をまとめてハウスメーカー等に依頼する場合と、設計を建築事務所、施行を工務店などに別々に依頼する場合があります。土地を購入してから注文住宅を建てる場合は建築条件なしの土地を選ぶ必要があります。

注文住宅は法令上の制限や予算上の制約の範囲内であれば、基本的に自由にプランニングすることが可能です。ただし、設計の自由度は注文住宅の種類によって異なります。間取りや設備メーカーなど全てを自由にプランニングできる「フルオーダー住宅」と、あらかじめ建物構造や設備が施工会社によって指定されている「セミオーダー住宅」の2種類に分けられます。

フルオーダー住宅とは?

設計プランの全項目についてお客様が決めます。具体的な項目は、建物の構造、工法、使用する木材・断熱材、間取り、壁紙等の内装、外壁塗装、設備など。設計の自由度が高いため、世界で唯一無二のマイホームを実現できる一方、多くの時間や建築知識が必要とされます。

セミオーダー住宅とは?

建物の構造、浴室・トイレ・キッチン等設備のメーカーがあらかじめ指定されているのが特徴。施工会社が提案する製品の中から、色や素材を選んでいきます。また、間取りも選ぶことができるため、手間をかけすぎずに自分の希望を反映させることが可能。

03.建売住宅と注文住宅の比較

【建売住宅】

メリット ・注文住宅に比べ予算が抑えられる
・完成後の現場なら見学できる
・完成していれば入居もすぐ
デメリット ・デザインが決まっている
・建築中の見学ができない
・オプションの追加ができない

【注文住宅】

メリット ・思い描いたデザイン、間取りで家が建てられる
・建築プロセスを確認できる
デメリット ・資金計画が複雑で費用が分かりにくい
・気に入った土地に出会えない
・入居までに約15ヶ月程かかることも

建売住宅と注文住宅には、それぞれ以下のようなメリット・デメリットがあります。

■建売住宅のメリット・デメリット

建売住宅は、ハウスメーカー等が同時期に複数棟建築するため資材は一括購入され建築工程が合理化されています。このため注文住宅と比較して低めに抑えられた価格帯が魅力。また、購入者は土地と建物を一括で取得するため、住宅ローンを組みやすいという利点があります。さらに、完成していれば実際の建物を見学でき、すぐに入居できます。

一方、建物の仕様や間取りが施工会社の方であらかじめ決まっているため設計の自由度がほとんど無く、基本的にオプションの追加もできません。このため間取りやデザインに希望を反映できない点がデメリット。また、建物が完成している場合は建築過程を見ることができません。

■注文住宅のメリット・デメリット

注文住宅は設計の自由度が高いため、自分が思い描いたデザインや間取りで家を建てられるのが最大のメリットです。また、お客様の目で着工から完成までの建築プロセスを確認することができるため、工事がしっかり行われているかチェックできるという安心感もあります。

一方、土地を購入してから注文住宅を建てる場合、土地の売買契約締結後、注文住宅の設計・施工依頼先を探して建築工事請負契約を締結。支払時期も複数にわたり費用総額が分かりにくく、資金計画が立てづらいというデメリットがあります。自分好みの資材や設備を選んでいく中で、予算をオーバーしてしまうケースも。また、希望の住宅を建てるのに適した土地に出会えなかったり、プロセスが多岐にわたり入居までの期間が長くなったりするデメリットもあります。

04.建売住宅と注文住宅はどっちがいい?

ここまで、建売住宅と注文住宅のメリット・デメリットを見てきました。以下では、それぞれどんな人に向いているのか見ていきましょう。

建売住宅が向いている人

土地を持っていない方で、上記のような方が向いています。建売住宅は入居までの期間が短く、購入から入居までのプロセスがシンプルなため時間や手間がかかりづらいのが特徴です。また、注文住宅と比較すると価格が低く抑えられ、かつ総額が明瞭なため予算内での住宅購入が可能。さらに、完成済みの物件であれば内見ができるので、事前に内装を確認しておきたい方にとっても建売住宅はおすすめと言えます。たとえ完成前であっても、大型分譲地などではモデルルームや完成予想図などで内装をイメージすることもできます。

建売住宅が向いている人

注文住宅は設計の自由度があるため、時間をかけて納得できる家を建てたい人に向いています。また、一般的に建売住宅よりコストが嵩み予算も立てづらいため、資金に余裕がある人に向いています。さらに、既に土地を所有している場合は、土地を探して購入するというプロセスが省けるため、注文住宅は有力な選択肢に。

05.悩んだら建築条件付き土地も検討してみよう

■建築条件付き土地とは

「土地購入後一定期間内に指定の施工会社と建築工事請負契約を結ぶ」という条件が付けられている土地を言います。

一般的に「一定期間」は3か月程度、「指定の施工会社」は土地の売主または売主が指定する施工会社(売主のグループ会社など)を言います。建物を建ててから販売される「建売住宅」に対して、建物の無い更地状態で販売されるので「売建住宅(うりたてじゅうたく)」と呼ばれることも。

建築条件付土地は設備メーカー等が施工会社によって指定されているため、ある程度の完成イメージがしやすく注文住宅よりも比較的短い期間で完成できます。一方で、注文住宅のメリットでもある間取りやデザインを好みのスタイルにできる上、オプションを追加することでより理想の家づくりに近づけるのです。

■お引き渡しまでの流れ

06.住協の建築条件付き土地のメリット

住協の建築条件付土地は、注文住宅と建売住宅のメリットを併せ持つ土地。間取りが選べる自由設計で、専属の設計士がプランをご提案。建物本体価格以外のコストもすべて含んだ総額表示で価格が明瞭です。また、土地と建物を一緒にご提供するため、景観の良い街並みが実現。さらに、引き渡しまで1年以上かかる注文住宅と比べ、短い期間で完成・お引渡しできます。

①専属の設計士とつくる自由設計

住協の建築条件付き土地で建てる家はお客様ひとり一人に専属の設計士が付かせていただき、お客様の理想像を丁寧に吸い上げカタチにしていきます。“これだけは譲りたくない!”という熱いご要望をお聞かせください。

例えば…同じ間取りでもこれだけ変わる!

基本スタンダード

自由度の高い設計で、
様々なデザインの家を建築できます!

  • アーバンスタイル

  • 西海岸スタイル

  • 北欧スタイル

  • 和モダン

②外構費用なども含んだパッケージ価格だから、金額が分かりやすい!

住協の「なっ得!プライス!!」は設備はもちろん、一般的に別見積もりとされる『付帯工事費』や『諸費用』が含まれているオールイン価格。安心の総額表示で、夢のマイホームへの道のりをサポートさせていただきます。

「なっ得! プライス!!」 に含まれる費用 ①建物本体(27坪・2階建)、②付帯工事、③設計料、④構造計算費、⑤建築確認申請費、⑥地盤調査、⑦養生費、⑧建築中の各種保険、⑨仮設水道、⑩仮設電気、⑪現場経費(工事運営に必要な経費)、⑫現場管理費(工事原価以外として扱われる経費)、⑬屋外給排水工事費、⑭残材処理費、⑮完了検査費、⑯外構工事(駐車場・ポスト・インターホン等)、+消費税

③土地と建物を一緒に提供できるから、
景観の良い街が生まれる!

土地のご契約後に建物の請負契約も締結するため、全体的に統一感があり景観の良い街が生まれます。

④一般的な注文住宅より早い
お引き渡しが可能!(約7~8ヶ月)

パッケージ化されたプランの中から選んでいくので、選択肢が絞りやすく完成・お引き渡しまでの期間を短縮することができるのです。

※天候や社会情勢により変更する可能性がございます。

07.建築条件付き土地は建売住宅と注文住宅のいいとこどり!

建売住宅と注文住宅にはそれぞれメリット・デメリットがありますが、双方のメリットを取り入れデメリットを解消したのが住協の建築条件付き土地です。時間や予算は限られているけれど、個性あるマイホームを実現したい方は、ぜひお気軽にご相談ください。