はんのうでしぜんとくらす

はんのうでしぜんとくらす

住協グループ

飯能市立こども図書館、前田真樹さんに訊く
〈飯能市の魅力〉とは?

小さな頃から本に親しまれてきたお子様は、
他の同年代のお子様が読む本よりも
明らかにレベルの高い本を読む傾向があります。

割岩橋のたもとにある、木の温もりが優しい図書館。

飯能市立 こども図書館
埼玉県飯能市稲荷町25-8

1 主役は子どもたち。飯能市立こども図書館。

平成9年に開館した飯能市立こども図書館は、埼玉県内では一番歴史のある、子どものための図書館です。お子様を対象とした図書館は希少で、埼玉県内では他に北本市と深谷市に、また全国的に見ても60施設程かと思います。土足厳禁というのも珍しく、家でくつろいでいるような、のんびりとした雰囲気があり、小さなお子様連れでも安心して利用できる所がこの図書館の特徴です。飯能市立こども図書館ならではのサービスや、館内の温かみ溢れるデザイン等から、根強い人気があります。 小さなお子様を連れて静かな図書館へ行くと、親御さんもお子様も、周りの目を気にしてしまいがちですが、飯能市立こども図書館であれば、お子様が多少大きな声を出したとしても大丈夫。主役は子どもです。落ち着いて、リラックスをして、読書体験ができる。それが飯能市立こども図書館の魅力です。