はんのうでしぜんとくらす

はんのうでしぜんとくらす

住協グループ

こどもの英語教室Kidz Talk代表、山本直美さんに訊く
〈飯能市の魅力〉とは?

飯能の子どもは情操が育っていて、
感性豊かな子が多い印象。
子育てもしやすいと思いますし、
この地域の魅力を知って、
是非住んでいただきたいですね!

アメリカ留学後、23歳の若さで1997年にKidz Talkを開校。以来、地域の方々にその教育理念を支持されている。

埼玉県飯能市双柳87-69コヤノビル3F

自然が多く残る飯能市。「関東平野のエッジの部分に飯能は位置していて、山に囲まれているのが魅力」と山本さん。

1 子育てしやすく、みんなに優しい町。

飯能市は自分たちがしたい暮らし、コトを求めて転入される方が多くいらっしゃいます。ハイキングコースや、アウトドアの遊び場もたくさんあるのに、飯能から池袋まで電車で50分弱で行ける。都心まで仕事で通っている方もたくさんいますし、私が1997年に飯能に開校した「こどもの英語教室 Kidz Talk」の生徒たちの中にも、東京から引っ越してきたという子もいます。自然が残っているということは非常に素晴らしく、飯能の子どもたちは、情操が育っていて、感性が豊かな子が多い気がしますね。活発な子が多い印象です。


数年前までは消滅可能性都市、なんて言われていたこともありますが、市が発展を目指した結果、より住みやすく子育てしやすい町になりましたし、生徒の保護者からも、例えば「保育所の状況も都内と比べたら逼迫しておらず、入りやすい印象がある」といった声を耳にします。また「7歳の壁」というのが母親を悩ませることがあると聞きますが、飯能には20もの学童があり、 学童を利用している生徒も多くいます。学童からKidz Talkのスクールバスに乗って、直接教室に通ってくる子も少なくありません。それと、飯能には「飯能市ファミリー・サポート・センター」というシステムがあって、学童の後や、そもそも学童に行かずにファミサポさんの自宅に預かってもらったり、お稽古ごとの送迎を代わりにお願いする方もいます。